個人差の違い

癌という病気は、細胞の発達に伴う病気です。
細胞の発達スピードは人によって違います。
また、進行度合いから見えてくる再発リスクも全く違います。
進行度が高ければ、当然ながらその腫瘍から他の部位にも転移が認められる可能性は高いです。
ですから、まず何よりも早めの対策によって再発する可能性を下げることが重要です。… Read more

再発を防ぐこと

癌という病気は、簡単に転移してしまうものです。
細胞が形成した悪性腫瘍には細かな血管が通っているため、その血管を通して他の部位にも細胞が引っ越してしまいます。… Read more

見落としがちな存在

癌の細胞は、腫瘍を形成している場所だけに発生するわけではありません。
腫瘍を形成している細胞から、そのまま体内に移動するような活動を行っています。
ですから、目に見える癌細胞を切除した手術を行ったとしてもその後、他にすでに転移していた細胞が成長して再発が認められるということは十分あります。
肉眼に見える大きさに成長している段階になっていれば、癌細胞を育てるだけの時間は十分にあったといえます。
その結果、見つかっていない病巣が他のどこかにある可能性は十分にあります。
その可能性は、見つかった段階で7割以上が転移も行っているといわしめるほどです。… Read more

カテゴリー
アーカイブ